青汁とは

一般的に青汁というのは、野菜の絞り汁の総称で、材料はいろいろあって、ケール、緑茶、ほうれん草などがあります。 青汁には栄養素がたくさん含まれていて、青汁の原材料によって含まれている栄養素はさまざまですが、一般的な栄養素はビタミンA、ベータカロチン、ビタミンC、食物繊維などで、健康に特化している内容です。

また、個人差があるので、体に足りない栄養素を補うために青汁の原料によって効果効能が違うので、体に合わせて原料を選んで摂取してください。栄養素が足りているのに摂り過ぎると逆効果になるので、適量、定期的に摂ってください。野菜の量も調理して食するよりも手軽にたくさんの野菜を摂ることができ、細かく砕かれているので、消化もよく、栄養分も吸収できるのです。青汁の質としては、やはり品種改良された一般的なものより、ケール、明日葉などの原料だと飲みにくいかもしれませんが、厳しい自然で育った成分でもあるフィトケミカル、ポリフェノールが濃く含まれているので、栄養素を考えるとケールや明日葉が入っているものが効果大です。

人間には毎日体から失われる栄養素があり、水溶性ビタミンは体には蓄えておけません。体のダメージを回復したり、新しく組織を作る、活性酸素を取り除いたりして、体外に排出されるので、必要量を摂ることが大切です。ミネラル類も汗や尿になって体外に出ます。蓄積できないものは毎日補給する必要があるので、そこで青汁の出番なのです。

Copyright © 2014 青汁のサプリメント All Rights Reserved.